かみじょうたけしは日本文理と楽天イーグルスの大ファン!父親は誰?

野球大好きお笑い芸人のかみじょうたけし。

アメトーーク!を始めとしたバラエティ番組でかみじょうたけしの野球に対する熱を盛大に発揮しているように思えますが、噂では「日本文理」と「楽天イーグルス」の大ファンなのだそうです。

父親も野球関係らしいのですが、誰なのでしょうか?

ということで今回はそんなかみじょうたけしについて記載していきます!

かみじょうたけしは日本文理が好き?

かみじょうたけし

かみじょうたけしは日本文理が好きみたいですよ!

かみじょうたけしは、松竹芸能に所属するピン芸人でありながら、三度の飯より甲子園が好き!と公言するほどの高校野球好き。

アメトークの”高校野球大好き芸人”に出演し、さらには高校野球が好きすぎて”甲子園(笑)伝説”という本も出版するほど。

そんなかみじょうたけしが一番心に残った試合が2009年夏に行われた中京大中京(愛知)と日本文理(新潟)の試合だそうです。

実は、かみじょうたけしが日本文理を好きになるキッカケになったのは、ある男性との出会い。

2009年春、当時かみじょうは大阪のミナミのバーで働いており、そこは高校野球ファンが集まるお店。

次の日の甲子園の話で盛り上がる店内。

“清峰”と”今村猛”の話題で盛り上がっていたのです。

周りが「明日今村たのしみやね」「どんな球投げるかな」と今村の話ばかりで盛り上がっていたところ、高校野球大好き芸人のかみじょうたけしは「相手の日本文理の伊藤直輝も、切れがあっていいピッチャーですよ」「伊藤も応援してあげてくださいよ~」と言ったそうです。

すると、カウンターの端で飲んでいた一人の男性が「直輝のこと知ってんの?」「嬉しいなあ。一杯飲んで」と言ったのです。

かみじょうたけしに伊藤直輝の話をしてきたのが、実は伊藤直輝の父親だったんです!

そこで意気投合し次の日に一緒に甲子園で応援するや約束をし、翌日応援に行ったが、そこでは負けてしまったんです……

しかし伊藤の父親と仲良くなったかみじょうたけしは、新潟出身でもないがそこからいつも日本文理側で応援するようになったみたいですね。

その夏、日本文理は決勝で進んだのです!!

そしてその中京大中京との決勝戦が、かみじょうたけしの一番心に残る試合になったのです。

10対4で、中京大中京がリードしたまま迎えた9回表。

表は、日本文理の攻撃で、”2アウト ランナーなし”

そこで、当時3年生の”切手孝太”がバウンドに立ちます……

高校生活最後の打席になるかもしれないことを考えると、何がなんでも打ちたい!とスイングするのが普通だと思うが、なんと切手孝太はボールを見極めて出塁。

まだ試合を諦めていなかったのです。

そして、それをきっかけに結局10対9まで追い上げたのです!!

伊藤直輝が打席にたつと、スタンドからの応援は熱さがすごく「伊藤~伊藤~」の声援がすごかったんです。

しかし打つことはできず1点差で日本文理は負けてしまいました。

日本文理は、この試合のスタンドの声援が一番印象的だったそうです。

伊藤直輝も試合後のインタビューで、「勝ったわけではないのに、勝った雰囲気で終われるなんてまれだと思う」「あの9回がなければ、ただの新潟勢初の決勝進出で終わっていた」と話しています。

かみじょうたけしは元日本文理の伊藤の父親の仲良くなり、いつも日本文理側で応援していて、一番印象に残った試合も日本文理だったみたいですよ。

かみじょうたけしは日本文理が本当に大好きなのでしょうね^^

かみじょうたけしは楽天イーグルスの大ファン!

かみじょうたけしは楽天イーグルスの大ファンなのです!!

なぜ兵庫県淡路市出身のかみじょうたけしが楽天イーグルの大ファンなのでしょうか?!

元々は野球が好きなだけで特に、ここ!と応援している球団はなかったそうなのですが、楽天イーグルスファンになったキッカケは2005年、

芸人仲間と野球観戦へ行ったんです。(オリックスvsソフトバンク戦)

芸人同士のノリで、と春で肌寒いのにも関わらず、トイレに行って帰ってくると半袖ユニホームを着ているというくだりが続きました。

そして、かみのじょうたけしの番にきたが、ボケのために(おもしろいかも分からない)高いお金を払うのもなあと思っていた矢先。

かみじょうたけしは、楽天イーグルスのユニホームに一目惚れしたのです。

しかも今年からのチームだと気付き、”このチームを応援すれば、創設時から応援できる”と思ったのです。

かみじょうたけしは、ボケではなく”楽天イーグルス”のユニホームがほしい!そして”楽天イーグルス”の応援したい!と思ったのです。

この日からかみじょうたけしは、楽天イーグルスファンになったのです。

楽天イーグルスは、2013年に日本一になりましたよね!

そして、今ではすっかり楽天イーグルスの大ファンのかみじょうたけしは今年の4月12日「東芝ナイター」の”埼玉西武戦”では、始球式を行いました。

さらには4月29日の”アメトーク”には”東北楽天ゴールデンイーグルス芸人”として、サンドウィッチマン、山寺 宏一、古坂大魔王、あばれる君と出演します。

楽天イーグルスの大ファンのかみじょうたけしの楽天イーグルストークが楽しみですね♪

かみじょうたけしの父親は誰?

これだけ、野球が好きなかみじょうたけしの父親はもしかして野球関連の方なのか気になりましたが、かみじょうたけしの父親の情報は出てきませんでした。

恐らく野球関連ではないようですね。

かみじょうたけしは、高校野球が好きになったきっかけは小学校6年生の時に父親に甲子園に連れて行ってもらったときだそうです。

当時の試合は、かみじょうたけしの出身である”淡路島”にある”兵庫県立津名高等学校”が、地方大会で負けた相手の”神戸弘陵学園高等学校”が出場する試合を見に行ったそうです。

ちなみに、かみじょうたけしはその後”津名高等学校”へ進学しています。

かみじょうたけしの父親ですが、1つ情報が出てきたのは、地元淡路島の”町議会議員”をしていたみたい。

その情報が分かったのは、かみじょうたけしが阪神大震災の話をしたときです。

震災の影響でかみじょうたけしの家は潰れ、また近所の仲の良い幼馴染の兄妹が亡くなるところを目の前で見たのです。

そんな中、当時町議会議員をしていた父親は色々と対応しないといけないことが多かったそう。

祖母がいないことに気付いたのは、父親とかみじょうたけしだったのですが、父親は町議会議員のため、現場に行かないといけないからと言ってその場を長男であるみじょうたけしに頼んだのです。

その後、祖母は無事に見つかりケガはあるものの命に別状はなかったみたいで…..

震災後、かみじょうの家族は、親戚の家へしばらく住むことに。

父親が町会議員なので、仮設へは最後にしか入れなかったそうですよ。

父親のそんなエピソードをかみじょうたけしは話していました…

かみじょうたけしの父親は、実家である兵庫県淡路島の町議会議員であることが判明しましたが、家族思いな良い人であることもわかりましたね。

かみじょうたけしについて記載しましたが、日本文理と楽天イーグルスの大ファンであることは確かでしたね〜

しかし、父親に関する情報は少なく、これといったことはわかりませんでした。

最近TV出演も多いですから、どんどん自分のプライベートのことも話してほしいですね!

error: Content is protected !!